ヘンリー ジェイムズ

ヘンリー ジェイムズ

Add: igyhojej44 - Date: 2020-12-08 20:06:13 - Views: 7075 - Clicks: 2593

ヘンリー・ジェイムズ(Henry James、1843年 4月15日 ヘンリー ジェイムズ - 1916年 2月28日)は、アメリカ生まれでイギリスで活躍した作家・小説家。 英米心理主義小説、モダニズム文学小説の先駆者としても知られる。. リヴァーバレイター 18. ヘンリー・ジェイムズ初期の名作の一つである『ワシントン・スクエア』。 部屋、服装、風景など、物質的なものに関する描写は最低限で、もっぱら人物の言動や思考に焦点が当てられたその作風は、いかにも心理主義の先駆と呼ばれるジェイムズらしいと言わざるをえない。. (The Wings of the Dove) ヘンリー ジェイムズ 3. ヘンリー・ジェイムズ(Henry James,)は,ヴァージニア・ウル フ(Virginia Woolf,)やジョウゼフ・コンラッド(Joseph Conrad,)とともに,もっともハイブラウな作家の一人としてのイメージが強 ― 32 ―. See full list on artue. 物語の舞台はまるで『嵐が丘』の舞台ムーア(荒地)のような、寂しい土地。 そして登場人物は皆、気持ちを内に秘める傾向のある、典型的なイギリス人ばかり。 それが、この物語をより一層怪談らしくしている。ジェイムズがそういう効果を狙ったということではなく、もともとイギリス人から聞いた話を書き留め、想像を膨らませて物語を作ったのだそう。 イギリスというと、アガサ・クリスティーやカズオ・イシグロなど、いわゆる「信頼できない語り手*」の名手が多いイメージなのだが、『ねじの回転』は世界で初めての「信頼できない語り手」による物語ではないだろうか。 「わたし」は真面目な家庭教師のようだけれど、幽霊を何度も目撃したことによって、少々ヒステリーっぽく変化していく。また、「わたし」以外に幽霊を目撃した人はいないようである。子供達を幽霊から守らなければと奮闘する「わたし」だが、その行動は周りの不信感を呼んでいるようでもある。 あれ? もしかして、「わたし」がおかしいのであって、幽霊なんて本当はいないのかな?それとも、いるのかな? と、読者が想像を膨らませながら楽しめる。 *『信頼できない語り手(unreliable narrator)』とは.

Henry James Quote. 阿出川祐子訳、ぺりかん社、1978年 5. ヘンリー・ジェイムズ(Henry James、1843年 4月15日 - 1916年 2月28日)は、アメリカ生まれでイギリスで活躍した作家・小説家。 英米心理主義小説、モダニズム文学小説の先駆者としても知られる。. カサマシマ公爵夫人(大津栄一郎訳、集英社 世界文学全集、1981年) 16. ヘンリー・ジェイムズ『鳩の翼(上)』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約14件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 上田勤訳、岩波文庫、1956年 7.

西川正身訳、1959年、河出書房新社 世界文学全集 4. ヘンリー・ジェイムズ 復讐の年代記「ノースモア卿夫妻の転落」、分身物語「私的生活」他「オウエン・ウィングレイヴの悲劇」「友だちの友だち」4篇を収録。「われわれの時代の最高級の作家」(ボルヘス)ジェイムズの短篇小説集。. ヘンリー・ジェイムズの『ねじの回転』--記憶と認識をめぐる諸問題 入江 識元 高岡短期大学紀要 ヘンリー ジェイムズ 16, 159-170,. 、1811年6月3日 - 1882年12月18日)は、アメリカの神学者。 小説家の ヘンリー・ジェイムズ と、哲学者の ウィリアム・ジェイムズ の父である。. 『ヨーロッパの人』上杉明訳、春秋社、1974年 5.

「ヘンリー・ジェイムズー円熟期の研究』 (Henry James-The M砂07 Phase,1944)のなかで,“What(the imagination)came down to for James was the preservation, not of a sense of society, but of a sense of personal. 。 という気がしてくる。. 「ヘンリー・ジェイムズ」の意味は (William ~)1842~1910米国の哲学者・心理学者のこと。Weblio国語辞典では「ヘンリー・ジェイムズ」の意味や使い方、用例、類似表現などを解説しています。. ヘンリー・ジェイムズ短編選集(音羽書房、1968年) 1. 28 米国の小説家,批評家。ニューヨーク生まれ。祖父がアイルランドから移民しニューヨーク州で屈指の資産を築いた。幼少の頃から一家でヨーロッパ滞在を繰返し、父の方針で正規の教育は受けなかった。18歳の時近所の. ヘンリー・ジェイムズは原作小説で、ヒロインの最後の決断を描かず、イギリスからローマに戻ったことだけを他の登場人. アメリカ人 4.

ロデリック・ハドソン(谷口陸男訳、1962年、筑摩書房 世界文学大系) 4. 四度の出会い・初老(沖田一訳、英宝社、1956年) 9. 国際エピソード ヘンリー ジェイムズ 7. ヘンリー・ジェイムズの小説には心理小説が多く、「鳩の翼」もそう。異文化の接触というテーマのものも多いが、かなりくどめの描写の作品が多い気がした。 夏目漱石の「こころ」とかも心理小説だと思うが、「鳩の翼」は心理っぷりの度合いが違う。心理描写が直接的な行動描写の数倍はあり、会話も1900年代当時の階級/社会を反映したまどろっこしいもので、比喩や曖昧模糊とした表現もたっぷり。それだけでなく文章自体も一文一文が長めで構文も複雑で、しっかり意識して読まないと字面だけ追って意味が入ってこない。読んでいて抽象画を見ているような感じで、この文体に慣れるまで時間がかかる。 昔、図書館で借りて読んで、内容は細部はだいたい忘れてしまったけど抽象画みたいな雰囲気の本だなと感じた。それから元の英語はいったいどうなってるんだろうと原本を読んでみて、最初の1ページで挫折した。そういえば訳者の親切心からか、各章の冒頭でその章で起きる出来事があらすじとして紹介されていたように覚えている。. それと、気に入ったのはこの映画の上映時間。最近はちょっとしたアクション映画でも平気で2時間超えたりして、下手すると2時間30分も続いたりして、大作とかの場合しかたないんだろうけど映画は100分前後が理想と思っている私としてはいやな傾向である。その点、この映画は文芸大作をきっちり映画化して、それを101分に収めてしまった。この丁度いい長さに、拍手を送りたい気分。 1.

巨大なベッド(清水正二郎訳 浪速書房 1966年) 13. 行方昭夫訳、角川文庫、1975年、岩波文庫、年 7. ヘンリー・ジェイムズ (ヘンリージェイムズ) 1843年~1916年。アメリカに生まれる。兄はプラグマティズムを代表する哲学者・ウィリアム・ジェイムズ。裕福な家に生まれ、少年期よりヨーロッパ各国を訪問し、国際的な感覚を身につけた。. Amazon Advertising 商品の露出でお客様の関心と 反応を引き出す: Audible(オーディブル) 本は、聴こう。 最初の1冊は無料: アマゾン ウェブ サービス(AWS) クラウドコンピューティング サービス. あれ? 『ねじの回転』の著者と同じ名字。 そう、ウィリアム・ジェイムズとはヘンリー・ジェイムズの兄なのだ。 ウィリアムは、『ねじの回転』を読んで、この概念を思いついたとも言われている。とすると、やっぱり「意識の流れ」の象徴的作品ではないだろうか。. ボストンの人々(谷口陸男訳、中央公論社 世界の文学、1966年) 15. More ヘンリー ジェイムズ videos. ヘンリー・ジェイムズ傑作選 講談社文芸文庫 - ヘンリー・ジェイムズのページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS ヘンリー ジェイムズ onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。.

ヘンリー・ジェイムズ ヘンリー・ジェイムズの概要 ナビゲーションに移動検索に移動この記事のほとんどまたは全てが唯一の出典にのみ基づいています。他の出典の追加も行い、記事の正確性・中立性・信頼性の向上にご協力ください。. 涼しさを求めている方! ゴスロリ(?)がお好きな方。スティーブン・キングのホラー小説や、ドュ・モーリアの『レイチェル』や『レベッカ』などがお好きな方。 Follow 保存保存. 『国際插話』 水之江有義訳 8. ヘンリー・ジェイムズのリアリズム論:42:58テーマ. 監督: ヘンリー ジェイムズ イアン・ソフトリー 4. 鳩の翼の物語をものすごく大雑把に端折って説明すると、ケイトというイギリス女性と、マートンという新聞記者と、ミリーというアメリカ娘の三角関係。 ヘンリー ジェイムズ ケイトは落ちぶれた貴族の娘で金がない。その婚約者のマートンも貧乏青年で金がない。ミリーは莫大な遺産を相続したが、重い病気を患っている。ケイトはたまたまミリーと知り合い、ミリーがマートンに気があるのに気付き、さらにミリーが不治の病で余命幾ばくもないことも知る。そして、マートンとミリーを結婚させ、マートンにに遺産を相続させようと目論む。 目的遂行のため、ケイトは二人を誘い一緒にヴェネツィア旅行に出かける。ヴェネツィアでケイトはわざとはぐれたりして、ミリーとマートンを一緒にさせる。ミリーはマートンの好意に喜ぶが、それが本心からの物ではないとうすうす感じている。マートンはミリーと親しくするにつれ、だんだんホントに好きになってくる・・・。 という、表層的な部分だけだとよくあるメロドラマみたいな話なんですが、ここに三人の周辺の人物の思惑やなんかも絡んできて、もう少し複雑です。この展開を回転率を上げてさらに二転三転させて転がすとアメリカの連続ドラマになり、登場人物の一人一人の心理のひだ、心の動きを丹念に描写するとヘンリー・ジェイムズになるんですね。 結末は悲しい、重苦しくもあり、でもさっぱりした感じもする矛盾したような印象で、この感覚こそ、こうした心理小説ならではの読み心地だな、と感じたのを覚えている。. ヘンリー・ジェイムズは20世紀アメリカ文学の巨匠、と言われ、作品も数多く残していますが、 たしかにいまひとつピンとこない作家ですね。 私も「ねじの回転」「ある貴婦人の肖像」と、いくつかの短編しか読んだことがありません。. もちろんそんな概念はジェイムズが執筆していた時にはなかったのだが、ジェイムズは意図的にこういう書き方をしたのだと思う。 なぜか、というとやっぱりこの小説のホラー感を増すため。おどろおどろしさ、恐怖を最大限に高めるため。 この時代のイギリスでは心霊研究が盛んだったそうで、怪談もいろいろな場所で語られていたのだろう。「怖い!」と読者に感じてもらえるような作品を書こうと考えて、こういう書き方をしたのだと思われる。 短い小説なのだが、奥が深い。.

藤野早苗訳、彩流社、年10月 6. See full list on tokyobookgirl. 「巨匠の教訓」(行方昭夫訳) 2. See full list on roopunomukou. ヘンリー・ジェイムズはたぶん、いたずらに読者を煙に巻くことを目的とした小説を書いてしまったのだろう。あらゆるところを思わせぶりにぼかして書いただけであって、こんなのは名作でもなんでもない. ヘンリー・ジェイムズ『ねじの回転』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約197件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 1961年にアメリカの文芸批評家によってつくられた言葉。一人称小説の語り手は信頼できない語り手である、という議論がなされたことによる。読者や他の登場人物を騙そうとする語り手(アガサ・クリスティーの『アクロイド殺し』)、精神的に問題を抱える語り手、記憶が曖昧な語り手(カズオ・イシグロの『日の名残り』や『浮世の画家』)などが含まれる。.

またこの作品は、「意識の流れ(stream of consciousness)」という心理学界においても文学界においても、非常に大きい転換点となる手法を使って書かれた小説でもある。はじめてこれを用いたのはイギリスのローレンス・スターン(1759年に出版された『紳士トリストラム・シャンディの生涯と意見』)だそうだが、ジェイムズはそれについで早かったのではないだろうか。 「意識の流れ」とは. More ヘンリー ジェイムズ images. 海老根静江著, 『総体としてのヘンリー・ジェイムズ-ジェイムズの小説とモダニティ』, 彩流社, 年, xx+222pp. 『ねじの回転』(ねじのかいてん、 The Turn of the Screw )は、ヘンリー・ジェイムズの中編小説。1898年発表。 怪談の形式をとっているが、テーマは異常状況下における登場人物たちの心理的な駆け引きであり、心理小説の名作として知られている。. アスパンの恋文(行方昭夫訳、八潮出版社、1965年)、改訳版・岩波文庫、1998年 11. フリー百科事典 Wikipedia. ある婦人の肖像(斎藤光訳、筑摩書房 筑摩世界文学大系、1972年) 17. 西川正身訳、1941年、のち新潮文庫 6.

渡辺純・川田周雄訳、岩波文庫、1940年 6. 「マダム・ド・モーヴ」(行方昭夫訳)/「モーヴ夫人」(八潮出版社、1977年) 1. 20世紀西洋人名事典 - ヘンリー ジェームズの用語解説 - 1843. ヘンリー・ジェイムズ短篇集(大津栄一郎編訳、岩波文庫、1985年) 3. 《 ヘンリー・ジェイムズ 》は、画家の ジョン・シンガー・サージェント によって制作された作品。制作年は1913年から1913年で、イギリス国立肖像画美術館に所蔵されている。. デイジー・ミラー 6. 簡単に言うと、人間の頭の中の、絶え間なく流れ移ろってゆく主観的な考えや感覚を、注釈等なしで記述していくという文学的手法。 のちのプルースト(『失われた時を求めて』)やヴァージニア・ウルフ(『ダロウェイ夫人』)が使った手法として有名だ。 ちなみに、心理学でこの概念が最初に使われたのは1890年代、心理学者のウィリアム・ジェイムズによってである。 意識や心理といった概念がまだなかった時代。 「人間の意識は細切れの静的な部分の配列ではなく、動的なイメージや観念が流れるように連なったもの」とする考え方だそう。 ウィリアム・ジェイムズ. 「未来のマドンナ」(上島建吉訳) 1.

ヘンリー・ジェイムズは、1843年にニューヨークで生まれた。父は宗教哲学者ヘンリー・ジェイムズ、母はメアリー・ジェイムズ。一つ年上の長兄は、哲学者として高名なウィリアム・ジェイムズ。ジェイムズ家はアイルランド及びスコットランド系の移民の家柄で、アイルランドから移民であったヘンリーの祖父は事業に成功し、一代で富を築きあげたため、非常に裕福な家系であった。父は教育上の方針から、息子らと共に幾度となくヨーロッパへ旅行をして見聞を広めさせている。既にヘンリーが生後6ヶ月の時に、兄と共にイギリスとパリを何ヶ月も旅行している。この機会のみならず、少年時代より何度もヨーロッパ(イギリス・フランス・イタリアなど)とニューヨークを行き来しており、生涯全体ではヨーロッパ滞在時期の方が長い。この頃から各国の文学に親しむ。19歳の時にハーバード大学に進学するが、1年で中退する。その後、ボストンやその近郊のケンブリッジに住む。 1865年に短編小説「ある年の物語」(The story of a Year)を執筆する。1871年に長編「後見人と被後見人」を発表する。1875年に処女出版である「情熱の巡礼、その他」を出版する。1876年にロンドンに居住し、以降死去するまで40年近くの間、活動の拠点をロンドンに移す。ヨーロッパに拠点を移したあとも、パリやイタリアへ幾度なく訪問している。1877年に「アメリカ人」を出版する。ヨーロッパ的な視点とアメリカ人としての視点を併せ持った優れた評論・小説をいくつも発表する。1878年には代表作のひとつ「デイジー・ミラー」を発表する。1879年には『国際挿話』を発表し、一躍有名小説家になった。1881年に長編「ある婦人の肖像」を発表、代表作となる。また親交も広め、モーパッサンやフローベール、ゾラ、テニソン、ジョージ・エリオットらを知る。1889年頃から劇作にも打ち込むようになるが、失敗に終わった。 1898年にライのラム・ハウスに移住し、定住する。この年「ねじの回転」を発表する。この頃から、心理主義的な作風が多くなる。1901年に長編「使者たち」、1903年に長編「鳩の翼」、1904年に「黄金の盃」をそれぞれ発表する。後期を代表する長編小説となる。1905年に20年来訪れなかった祖国アメリカへ帰国、「ニューヨーク版」といわれる自身の全集「ヘンリー・ジェイム. 『ワシントン・スクエア』(河島弘美訳、キネマ旬報社、1997年/岩波文庫、年) 14. ヨーロッパ人 5. 。. 1898年発表作で英国正調幽霊綺譚の古典とされている。舞台は、ロンドンから離れた片田舎にある古い屋敷ブライ邸。両親を亡くした幼い兄妹の新しい家庭教師として、語り手の女が赴任する。依頼者は二人の子の伯父だったが、不可解にも甥マイルズと姪フローラとの直接的な関わりを嫌厭し. Retrieved 年9月29日 (木) 23:04, UTC. 「暖炉のまわりにたむろした私達」は、幽霊が子供に出たという怪談を聞いていた。 子供という「ねじの回転」があると、怪談がより一層面白くなるというコメントを誰かがすると、ダグラスという男性がこう言いだす。 そしてある女性に聞いたという話を教えてくれる。 貧しい家庭出身のその女性(わたし)は、当時20歳であった。 家庭教師の仕事に応募したところ、雇い主はロンドン在住の独身男性だと判明する。美男子で、わたしは雇い主に恋をしてしまう(ようだが、はっきりとは書かれない)。 雇い主の甥のマイルズ、姪のフローラは早くに両親を亡くし、田舎の家に使用人らと暮らしている。このふたりの家庭教師をお願いしたいということだった。当初、別の若い女性が家庭教師としてついていたが、彼女が亡くなったため、マイルズはお休みの日以外は寄宿学校に入っているという。 条件は、雇い主には子供についての連絡を一切しない・手を煩わせないこと。 わたしはその条件を承諾し、早速田舎の家へ向かう。 グロース夫人という使用人と、少女フローラが迎えてくれる。わたしは天使のような美貌とあどけなさを持つフローラに夢中になる。 と、そこへ寄宿学校からマイルズが夏休みのため戻ってくる。しかし、学校から別途手紙も届く。手紙には、マイルズの素行が悪いため退学にしたと記されているのだが、マイルズはそれに関しては何も言わない。 どれほど悪い子なのかと懸念していたが、フローラと同じく天使のようにかわいい、聞き分けのいい男の子である。 しばらく楽しく過ごしていたものの、わたしは幽霊を度々目撃するようになる。男性の幽霊と、女性の幽霊だ。特徴をグロース夫人に語ったところ、以前屋敷で雇われていた使用人および亡くなった家庭教師の幽霊なのだということがわかる。 どうもマイルズとフローラを悪の道に引き込もうとしているようだ。そしてマイルズとフローラにも幽霊が見えているようなのだが、あたかも見えていないふりをしているように、わたしには感じられる。まるで、幽霊と一緒になって、わたしを欺こうとしているみたいに. 「情熱の巡礼」(柴田稔彦訳) 1.

高野フミ訳、1968年、荒地出版社 現代アメリカ文学選集 5. Amazonで青木 次生のヘンリー・ジェイムズ。アマゾンならポイント還元本が多数。青木 次生作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またヘンリー・ジェイムズもアマゾン配送商品なら通常配送無料。. 大西昭男、多田敏男訳、あぽろん社 1965年 11. 『知恵の木』仁木勝治訳、H・ジェイムズ名作集、文化書房博文社、1985年 12. 日本語訳では、国書刊行会から選集が出されている。 1.

19・20世紀を代表する英米文学作家、ヘンリー・ジェイムズ 1843年、ヘンリー・ジェイムズはニューヨークで、父も兄も哲学者の家庭に生まれました。� アイルランド系移民の祖父は1代で事業に成功し、彼自身も非常に裕福な家庭で育ちます。�. ヘンリー・ジェイムズ・シニア(Henry James Sr. 蕗沢忠枝訳、角川文庫、1950年 13. 上映時間 101分. ホーソーン研究(小山敏三郎訳、南雲堂、1964年) 10. ヘンリー・ジェイムズの文学を読む歓び・『大使たち』について アリアドネ・アーカイブスより.

Amazonでヘンリー・ジェイムズ, 行方 昭夫のヘンリー・ジェイムズ傑作選 (講談社文芸文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。ヘンリー・ジェイムズ, 行方 昭夫作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. それをあっさり映画化したのがイアン・ソフトリーの「鳩の翼」(1997年)。映画って、小説のような心理描写ができないからどうなんだろう、と思ったが・・・予想を超えていい出来だった。 心理描写がしにくいという映画の欠点ではなく、直接見せることで簡潔に画面に語らせることができるという映画の良さを押し出して、晦渋な原作をばっさばっさと具象化していく。登場人物の立場も、お互いの関係も、お互いに対する気持ちも、はっきりと見て分かる。この辺は役者の演技もいいんだと思います。ちなみにケイトはヘレナ・ボナム・カーター、マートンはライナス・ローチ、ミリーはアリソン・エリオットが演じていて、ほかにもシャーロット・ランプリングやアレックス・ジェニングスなど、みないい演技をしていると思います。 ミリー役のアリソン・エリオットは昔シャンプーのLUXのCMに出ていて、美人女優なんだろうけど、この映画のミリーは最初あんまり美人に思えない。しかし、映画が進むにすれ、トーマスがミリーに惹かれていくにつれてだんだん可愛く見えてきて、最後に死ぬ時には後光が差しているように見える。 さらに後半、舞台をヴェネツィアに移してからは景色の美しさも引き立ち、そういえば歴史もの、コスチューム・ドラマとしてもよくできてるなーとさらに評価がよくなる。ヴェネツィアではサンマルコ広場やゴンドラや仮面舞踏会の夜景などロケ撮影で美しい場面をぽんぽん出してきて、見ているだけで楽しい。これは映画のほうが○。ヴェネツィアはあと10年で水没すると10年以上前から言われているが、最近では人口減少、物価高騰なんかでこのままでは水没しなくても危ないと言われているそうで、ひょっとするとこの映画もいつか、今は無きヴェネツィアの美しい景観を収めた作品として知られるようになるかも。 で簡潔に画面で見せて行きながらも、特にラストシーン付近では原作の「鳩の翼」の微妙なニュアンスが醸し出されている。.

ヘンリー ジェイムズ

email: gadaxu@gmail.com - phone:(128) 959-2217 x 7213

小山 百代 -

-> ジム リーダー 最強
-> セリーヌ ディオン 乳首

ヘンリー ジェイムズ -


Sitemap 1

ファンタスティック ビースト 声優 - ビックリマン フェニックス